So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良の大仏が造られたのはいつ? 

今回は奈良の大仏について、日本の歴史を紹介します。


745年(天平17年)、再び大仏つくりが始まりました。
みんなで大仏をつくろうという天皇の呼びかけによって、
多くの人が物を寄付したり、土工や大工の仕事を手伝いました。

材木を寄付した人が5万人あまり、材木を切ったり、
運んだりした人が166万人あまり、金・銀・銅・鉄などの
金属を寄付した人が37万人あまりの金属を貼ったり、
運んだりした人が51万人以上という、大勢になりました。

こうして、高さがほぼ15.7メートル(これは当時の長さで、
今は約14.8メートル)の金銅の大仏ができました。

今の大仏殿は、1180年の源平合戦を初めとして、
何度も火事に焼かれ、つくりなおされたものです。
もとの部分で残っているのは台座だけです。

台座の蓮の葉には毛彫(細い線を彫り込むこと)で
たくさんの大小のシャカの姿が、彫り込まれています。

大仏殿の前にある八角燈龍も、1200年前のものです。
大仏殿の高さは48メートル、奥行は50メートルで、
今のものとその当時のものと、かわりませんが、
間口は今の五〇メートルに対し、もとは87メートルありました。

また、大仏の前には、今は残っていませんが、
高さ100メートルほどの七重の塔が、東西に2つ並んでそびえていました。

大仏つくりは大工事ですから、すぐに出来上がったわけではありません。

744年(天平16年)に工事をはじめ、
745年に奈良の都でやり直し結局、
八度鋳なおして6年めに鋳あがりました。

工事の終わり頃になって大仏の体に塗る金が足りなくなり、
皆困ってしまいました。

ところが749年2月、陸奥国(宮城県遠田郡)から金が出ました。
天皇をはじめ、みな非常に喜び、年号を天平から天平感宝と改めました。


同じ年の7月、聖武天皇は位を皇太子に譲り、
孝謙天皇が位につき年号も天平勝宝と改められました。

その7月に大仏が鋳あがったので、
聖武太上天皇は光明皇太后・孝謙天皇とともに大仏を拝みました。

752年(天平勝宝4年) 4月9日、大仏開眼会が、盛大に行われました。
これは大仏に眼を入れる、落成式の供養です。

開眼の日は聖武太上天皇・光明皇太后・孝謙天皇をはじめとして、
多くの皇族や役人が式に参列し、
1万人にものぼる僧が声をそろえてお経をよみました。

大仏殿の中や外には、美しい色とりどりの旗などがかけめぐらされ、
いろいろな花が撒き散らされ、においのよい香が、どんどんたかれました。

インドからきた、ボダイセンナという人が筆をとって、大仏の像に眼をいれました。
儀式のあと、日本に古くからある舞や
インドシナ・唐(中国)・高麗(朝鮮)などから伝えられた音楽や踊りの数々が、催されました。

仏教が伝わってから、これほど盛んな儀式は無かったと、
朝廷の記録にも記されています。

東の山辺を清み新鋳せる
慮舎那仏に花たてまつる
(奈良の都の東の山辺が清い土地だというので、
ここに新しく鋳た慮舎那仏に、花をたてまつる。
慮舎那仏は大仏をさす)
この歌は、六興寺の僧たちが開眼会を祝って朝廷に奉った歌です。


今の奈良の大仏は、高さ約14.8メートル、
顔の長さ約3.219メートルで、重さ約443トンです。

これとよく比べられる鎌倉の大仏は1252年(建長4年)につくられました。
その高さは約11.3メートル、顔の長さは約2.3メートル、
重さは約93.75トンです。

1586年(天正14年)豊臣秀吉が京都に建てた方広寺の木像の大仏は、
高さ19メートルあまりで、日本一の高さでしたが、
1593年(文禄2年)の地震や、その後の火事で亡くなってしまいました。

外国でも大きな仏像がつくられました。
アフガニスタンのバーミヤーンの大断崖には、
4、5世紀頃つくられた石仏立像があり、
高さは53メートルもあります。

中国でも、雲岡石窟には17メートルと14メートルの石仏座像があり、
敦煌石窟には32メートルという、東大寺の大仏の約2倍もの大仏があり、
龍門石窟にも13メートルの石仏があります。

これらの石仏と違って、
奈良の大仏は金銅仏としては世界最大級のものです。


.

関連記事

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます