So-net無料ブログ作成
検索選択

源氏と平氏の起源はいつ頃?

今回は源氏と平氏について、日本の歴史を紹介します。


国司は、もともと刀を持ったり、弓矢を持ったりすることは許されませんでした。
しかし、世の中が物騒になって強盗のために殺される者があるようでは、
国司も武器を持たずにはおれません。

また、国内の農民から、租税を取り立てるためには
強い手下があったほうが便利です。

そこで、国司たちは、刀を持ったり、
兵士を従えたりすることを許して欲しいと、朝廷に願いでました。

そして、十世紀頃からは、国司が勤め先の土地へ行くときには、
郎等を連れて行くようになりました。

こうして、次々と各地の国司をつとめる人々の中にも、
武士になる者が出てきました。


こうして出来た武士の内でも、特に力の強いものは、
カの弱い農民たちから便りにされ、頭と仰がれるようになりました。
これを、武士の棟梁といいます。

武士の棟梁には藤原秀郷のような藤原氏からでた人もあれば、
橘遠安のように橘氏からでた者もありました。

けれどもその中で、特に数多くの武士の棟梁がでて、
しかも勢いが強くなったのは、源氏と平氏でした。

源氏も平氏も、皇族の子孫です。

天皇の子は親王、親王の子は王と言い、
それ以後五代目か六代目になると、姓を与えられて、
皇族を離れるという決まりでした。

けれども平安時代になると、一代目で姓をもらって、

皇族から離れるものが多くなりました。
源氏も平氏も、その1つです。


平氏には、桓武天皇からでたもの、仁明天皇からでたもの、
文徳天皇からでたもの、光孝天皇からでたものがありました。

そして、その多くは都に住み着いて、役人をしていました。

ところが、葛原親王(桓武天皇の皇子) の子の高見王は、
若死にしたせいもあったのでしよう。
あまり目立った役にもつきませんでした。




関連記事

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます