So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸時代の交通の発達

今回は江戸時代の交通の発達について、日本の歴史を紹介します。


五街道


戦国時代の頃までは
全国に通じる道路は
あまり発達せず
交通は、まだまだ不便でした。

江戸幕府では、戦争がおこって
軍隊や荷物を早く運ぶ必要の
あるときのことを考えて
五街道(東海道・中山道
甲州道中・日光道中・奥州道中)
を整えました。

大名の参勤交代が盛んになると
五街道は、一層、立派になりました。

普通の道に比べると
道幅も広く、両側に旅人の
日よけや休みをとるための
松や杉の並木が続き
約4キロメートルごとに
一里塚がおかれました。

宿場とは?


五街道には
10キロメートルほど行くごとに
宿場がつくられていました。

東海道には
品川(東京都)から大津(滋賀県) まで五三宿
いわゆる東海道五十三次の宿場がありました。

中山道では
板橋(東京都)から守山(滋賀県)まで六七宿で
京都まで、東海道の草津と
大津の宿を入れると、六九宿になります。
宿場には問屋場があって
いつも人足と馬を用意しており
幕府の役人や大名の荷物を運びました。

そして、だんだん
一般の人も利用できるようになりましたが
そのかわり賃銭は倍も多くとれました。

備え付けの人馬は
東海道が100人100匹
中山道が50人50匹
甲州、日光・奥州の三街道は
25人25匹と、決められていました。

しかし、これだけで足りないときは
近くの村に助郷を言いつけました。

本陣とは?


宿場には旅龍屋や茶店などが
並んでいましたが
一番よい、旅寵を本陣といい
大名などは
ここに泊まったり休んだりしました。

本陣の次に立派な旅館が脇本陣です。
普通の旅人は
それ以外の炭寵屋に泊まりました。

しかし幕府の役人や大名の中には
自分が本陣に泊まるときには
普通の旅人を他の旅寵屋に止めることを
禁止した者もいました。

関所と川止め


街道の大事なところには
関所をおいてありました。

戦国時代に比べると
関所の数は、ずっと減りましたが
それでも東海道の
箱根・新居、中山道の碓氷・福島をはじめ
数十か所も造られていました。

関所を通るには
通行手形がなくては通れませんでした。


関所は「出女入鉄砲」といって
江戸に人質のようにして
おいてある大名の妻や子が
国本に帰ることと
江戸に鉄砲などの武器が
送られることを取り締まったほか
主に犯罪人の逃げるのを防ぐためのものでした。

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」
という馬子歌があります。

それほど大井川の川止めは有名のものでした。
幕府は、大きな川には橋を
掛けさせませんでしたので
渡し舟で渡るか歩いて渡るほかありませんでした。

橋を掛けさせなかったのは
橋があると、戦争のときに
敵に利用される恐れがあり
また犯人が遠くへ逃げるのを
防ぐためだったといわれています。

歩いて渡るところは
東海道だけでも、大井川のほかに
酒匂川・興津川・安倍川がありました。

渡し舟で渡れるところまだいいのですが
それが無いところは
川の水が増えて、大人の胸以上になると
危ないので川止め(通行禁止)になりました。

そうなると、旅人は両岸の宿で水がひくのを
何日も待たなければなりませんでした。

川を渡るには
人足の肩に乗るものと
れん台に乗るものがありました。

だから、渡し場には
川越人足がたくさんいました。

飛脚とは?


江戸時代の郵便屋は飛脚でした。
人間が走って手紙や品物や現金を運ぶのです。

江戸から京都まで、だいたい90時間
急行で82時間、最急行で60時間で走りました。

飛脚にも、身分の違いがありました。

幕府の大切な手紙は
宿場の人足がリレー式に運ぶので
継飛脚と、たいへん威張っていました。

大名飛脚や町飛脚もありました。

また江戸・大坂・京都に
町飛脚の組合が出来
毎月三度の定期便を出すようになったので
それを三度飛脚といいます。

海上交通の発達


陸上の交通と共に水上交通も発達しました。
幕府も諸藩も、川や湖に工事をして
船で遠くまで荷物を運べるようにしました。

角倉了以が、高瀬川・保津川・富士川などを
切り開いたのもその一例です。

駿河(静岡県の一部)から
甲斐(山梨県)に行ける水路をつくったとき
甲斐の人は、初めて船というものを
見て、びっくりしたということです。

回船とは?


江戸時代には、鎖国で海外へ付くことは
固く禁止されていましたが
海岸に沿って船を動かすこととは
許されていました。

海上の交通は、古くから
瀬戸内海な中心に発達していましたが
この時代になると、江戸が
政治の中心となったので
江戸と上方(京都や大坂)との航路が
盛んになりました。

この航路は南海路と呼ばれ
菱垣(槽垣)回船と、たる回船の二つが行き来しました。

越後(新潟県の一部)や
出羽((秋田県・計.山形県)で採れる
米を運ぶ航路も、1670年(寛文10年)ごろ
河村瑞賢が、東まわり・西まわりの
航路を開いてから、盛んになりました。

東まわりは、津軽海峡を通り
太平洋を下って江戸に行く航路です。

西まわりは
下関海峡を通り瀬戸内海をへて
大坂へ行く航路です。

大坂と江戸との間には
南海路がありますから
これで日本中の産物を
どこへでも運ぶことが出来るようになりました。

このように、陸上・海上の交通が
発達してくると、たくさんの商品を
輸送できるようになり
商業を盛んにさせると共に
他のいろいろな産業を
発展させるようになったのです。


関連記事


nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます