So-net無料ブログ作成

大和朝廷とは? 大和朝廷の統一って? 皇室の祖先とは?

今回は大和朝廷について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「大和朝廷とは? 大和朝廷の統一って? 皇室の祖先とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/678

三世紀中頃まで日本にはたくさんの小さな国々にわかれて
お互いに結びがあったり戦争をし合ったりしていました。

けれども、その内に力の強い国は段々と
周りの国を従えて大きな国を作り上げていきました。

そして、やがて日本お大部分は一つの国に統一されました。
それがヤマト(大和)の国です。

ヤマトの国は今の奈良盆地から起こりました。
ここは四方を傾らかで美しい山々に囲まれた
平地で米やいろいろな農作物がよくできました。

その上、交通も便利で木津川や大和川を下って
難波(大阪)の港から海に出ることにも出来ました。

そのため古くから文化も進み弥生文化の時代にも、
この地方は北九州とともに最も文化の進んだところでした。

ヤマトの国を納めていたのは勢いのある豪族たちで、
その中心となったのは今の皇室の遠い祖先です。

皇室の祖先の力は次第に強くなり、
やがて天皇として豪族たちを従えるようになっていきました。

天皇や豪族たちは、たくさんの人々を仕事に駆り立てました。
田に水をひくために池や溝を掘らせたり、
大水を防ぐために川に堤防を作らせたりしていました。

こうして幾度も大工事が行われました。
田を耕すためには便利な鉄のクワも使われ始めました。
農地は広くなり米もたくさん採れるようになって
豪族たちの暮らしは益々豊かになっていきました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます