So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古墳とは? 古墳の種類 古墳の分布についてまとめ

古墳と一口に言っても様々な種類の古墳があります。簡単に紹介していきます。
日本の歴史は古墳にありです。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「古墳とは? 古墳の種類と古墳の分布についてまとめて解説!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/680

今でも各地で木のこんもり茂った何となく
厳かな感じのする古墳を見かけることがあります。

古墳というのはヤマトの国の支配者である
天皇や豪族たちの墓のことです。

その中には棺や石の部屋があり死体がおさめられています。



古墳には様々な形のものがありますが
最も一般的なのは円墳と前方後円墳です。
円墳は上から見ると丸い形をしており
前方後円墳は丸と四角を継ぎ足したような形をしています。
そのほか四角い形をした方墳というのもあります。

古墳は元々は大陸の墓を見習ったもののようですが
前方後円墳は日本にはだけ発達した特別な形です。

古墳の大きさも様々で前方後円墳の中には
今でも大阪府にある仁徳天皇陵のように、
すばらしく大きなものがあります。

古墳は元々、山すそや丘などの地形を利用して作られました。
そうすれば、わざわざたくさんの土を盛り上げなくても住んだからです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます