So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古墳から出土されものは? 埴輪とは? 古墳が作られなくなったのはいつ?

今回は古墳から出土されもの、古墳からでるものを簡単に紹介します。
それに加え、埴輪(はにわ)とは何か、
それと古墳が作られなくなったのはいつ頃のことだったのか、日本の歴史を紹介していきます。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「古墳から出土されものとは? 埴輪とは? 古墳が作られなくなったのはいつ?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/681

古墳の内部には死体を入れるところが作られています。
初めの頃は木や石や粘土で作った
棺の中に死体を入れ棺の上にすぐ土をかぶせたり
あるいは簡単な石の囲みを作って土を被せたりしていました。

しかし後には棺も石をくり抜いたり、
組み合わせたりして作った石棺となりました。
また、棺の周りには石で部屋を作り、
その上に土を被せるようになりました。

石棺に形もいろいろで組立式の箱のような形をしたもの、
家の形をしたもの船の形をしたものなどがありました。

六世紀頃になると古墳の外から棺の入っている
石室までせん道という通り道を掘り抜いた
横穴式石室というものができました。

また、北九州地方では石室や棺に色とりどりの絵や
模様を描いた装飾古墳は日本では
北九州に多く見られ中国や朝鮮の影響があるようです。

棺の中やその側には銅製の鏡や勾玉・くだ玉などの玉類。
それに剣など様々なものが置かれました。

今でも古墳を掘るとこのようなものが堀だされることがあります。

鏡や玉は死んだ人が生きていたときに
何時も身に付けたり、傍に置いたりしていたもので
その人が死んでからも寂しがらないようにと一緒に埋めたのです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます