So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大和時代の社会の仕組み 屯倉・国造・県主とは?

今回は大和時代の社会の仕組みについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「大和時代の社会の仕組みとは? 屯倉・国造・県主とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/682

ヤマトの国の政治を進めていたのは
力の強い豪族たちでつくっていた大和朝廷です。

その中心となったのが天皇でした。
天皇も元々は普通の豪族の一人でしたが
最も勢いが強かったので
他の豪族の上に立って大王(おおきみ)と
呼ばれるようになったのです。

ヤマトの社会では支配するものと
支配されるものとの違いがはっきりしていました。

普通の農民たちはみな大王、
つまり天皇や豪族たちに従って
その下で働いていて政治に口を出すことなどは
とてもできませんでした。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます