So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

帰化人とは? 日本に漢字が伝わったのはいつ頃? 日本に仏教が伝わったのは?

今回は帰化人とは何か、日本に漢字が伝わったのはいつ頃のことなのか、
日本に仏教が伝わったのはいつ頃のことなのか?
この3点について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「帰化人とは? 日本に漢字が伝わったのはいつ頃? 日本に仏教が伝わったのは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/683

大和の国は朝鮮を通じて大陸の優れた文化を取り入れようとしました。

そのために朝廷ではいろいろな産物を日本に
取り寄せるだけでなく学問や技術に優れた
朝鮮の人々をたくさん呼び寄せました。

その中には百済の人が多く戦争を避けて
日本に住み着く人もかなりありました。

こういう人々を帰化人と呼びます。
帰化人はその頃の産業や文化の発達に
大きな役割を果たしました。

日本にやってきた帰化人たちは部(べ)の仕組みに組み入れられ、
それぞれの持っている技術によって朝廷に仕えました。

この人々の伝えた技術は実に様々でした。
例えば蚕を飼い、糸を紡ぎ、はたを織る技術、
綾や錦(どちらも布の一部)の織り方、馬のくらを作る技術、
鉄の鍛え方、陶器の作り方などです。

こうして中国や朝鮮の進んだ技術がいろいろと伝えられました。

帰化人の中でも勢いのあったのは
東漢氏(やまとのあやうじ)と秦氏(はたうじ)でした。

東漢氏は今の奈良盆地の南部に、
秦氏は京都府に住み、
それぞれの地方で大いに勢いを伸ばしました。

帰化人は技術の面ばかりではなく、
学問の発達の上でも大きな役割を果たしました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます