So-net無料ブログ作成

天皇と豪族の関係とは? 大伴氏の勢力、物部氏と蘇我氏の争いについて

今回は大和時代(古墳時代)の頃の天皇と豪族の関係について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「天皇と豪族の関係とは? 大伴氏の勢力、物部氏と蘇我氏の争いとは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/684

仁徳天皇陵を見てもわかるように
五世紀頃の天皇の力はかなり強いものでした。

しかし、後に皇室の中で天皇の位をめぐって
内輪もめが起こったため次第に天皇の力は衰えていきました。

一方ではこの隙に豪族が力を伸ばしてきて
皇室の内輪もめを利用しました。

その結果、天皇の地位も力の強い豪族の助けがなくては
危ないような時代がやってきました。

まず葛城氏が仁徳天皇の3人の子どもを
次々に天皇にして勢いを奮いました。
これが履中・反正・允恭(いんぎょう)の三天皇です。

やがて平群氏(へいぐりうじ)がこれに変わって勢いを奮いました。
平群真鳥・鮪(しび)父子などは武烈天皇に
負けないくらいの勢いをみせました。

武烈天皇がなくなると皇室にはこれまで続いた
内輪争いのために後継がなくなってしまいました。

豪族たちは誰を後継にしたらよいのかと
集まっていろいろ相談をしました。

その結果、大伴金村という人の努力で遥かに遠い
皇室の親戚を天皇にしました。

この天皇は五代も前に皇室から別れ、
そのころ越前国(福井県)に住んでいたのかを探し出したのです。

これが継体天皇で六世紀の初め頃のことです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます