So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

飛鳥時代の文化 ギリシャ、ペルシャ、朝鮮・中国からの影響

今回は飛鳥時代の文化について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「飛鳥時代の文化とは? ギリシャ、ペルシャ、朝鮮・中国からの影響を受けている?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/688

聖徳太子のころ都は代々飛鳥地方(奈良盆地)にありました。
それでこの時代を飛鳥時代とも言います。

この時代の文化はいろいろな影響から外国から受けています。
近くは朝鮮・中国から遠くはギリシアうあペルシア(イラン)の影響も見られます。
また、飛鳥文化は仏教文化と言われるほど深く仏教の影響を受けています。

まず学問について言えば、中国や朝鮮から優れた僧や博士がやってきて大陸や半島のいろいろな学問を伝えました。
602年、百済の僧観勒がやってきて暦や天文や地理などの学問を伝えました。
610年には高句麗の僧曇徴が絵の具・墨・水うす(水力で回すうす)の作り方を伝えました。
また、聖徳太子は高句麗の僧恵慈からお経を百済の博士覚哿から中国の学問を学んでいます。

これらの学問や技術が文化の発達に役立ったことは言うまでもありません。
美術の方でも新しい動きが見られます。
それまでの家は柱を建てそこに板やかやで屋根をふいた粗末なものでした。

ところがこの時代になると土台に石を並べ屋根に瓦を乗せる新しい建築法が伝わってきました。
こうして盛んに寺が建てられ法隆寺のような優れた建物が生まれたのです。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます