So-net無料ブログ作成

山背大兄王の変とは? 蘇我氏の勢いについて

今回は山背大兄王の変について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「山背大兄王の変とは? 蘇我氏の勢いについて」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/690

622年、聖徳太子は自分の始めた
新しい政治の結果をよく見ないうちに
亡くなってしまいました。

すると、これまで一応大人しくしていた
蘇我氏がまたまた自分勝手な振る舞いをするようになりました。

624年、蘇我馬子はそこのろ皇室の領地だった
大和の葛城県(奈良県の一部)を頂きたいと申し出ました。

推古天皇はたいへん困りましたが葛城県は
自分一人の土地ではないからと言って断りました。

蘇我馬子は聖徳太子がなくなると
すぐにこんな要求を持ち出してきたのです。

628年、推古天皇は後継を決めないまま亡くなりました。
これは蘇我氏に遠慮したためで、
後継は蘇我氏の好きな人をたてるようにと考えたからでしょう。

そのころ天皇の後継として
山背大兄王と田村皇子の2人が有力でした。

このうち山背大兄王の方は父が聖徳太子、
母は蘇我馬子の娘ですから蘇我氏にはすごく繋がりの近い人でした。

ところが山背大兄王の叔父にあたる蘇我蝦夷は
王が天皇になることを喜びませんでした。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます