So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

壬申の乱とは? 天智天皇、天武天皇とは?

今回は壬申の乱について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「壬申の乱とは? 天智天皇、天武天皇とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/694

667年、中大兄皇子は、都を琵琶湖のそばにある
大津にうつし、つぎの年には天皇の位につきました。

これが天智天皇です。

天皇は、国内の政治に力をいれましたが、
中でも日本で最初のまとまった法律といえる、
近江令をつくりました。

670年には、はじめての大がかりな戸籍をつくりました。
これは庚午年籍とよばれ、広く九州から
関東地方にまでおよび、後々までも重くみられました。

壬申の乱


六七一年、天智天皇が亡くなると、その後継のことで、
朝廷のなかに争いがおこりました。

もともと、天智天皇は自分の子供の大海人皇子がなるはずでした。
けれども天智天皇は、自分の子どもの大友皇子が大きくなるにつれて、
この皇子に、あとを継がせたいと考えてきたようです。

大海人皇子には、天皇の気持ちがわかったようです。
皇子は天皇のあとを継ぐのを遠慮して、
吉野(奈良県)の山奥へ引っ込んでしまいました。

このまま、都にいたのでは、憎まれ
命も危なくなるのではないかと思ったのでしょう。

しかし、大友皇子と大海人皇子の仲は、
このままではおさまりませんでした。

天智天皇が亡くなった次の年には、
ついに、大友皇子を中心とする近江側と、
大海人皇子を中心とする吉野がわとの間に、
大きな戦いがおこってしまいました。
nice!(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 2

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます