So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

律令による政治とは? 政治のしくみ、人々の身分、土地の制度。租税の決まり

今回は律令による政治について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「律令による政治とは? 口分田・班田収授法・租税とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/695

律は犯罪人を罰する法律で今日でいえば刑法にあたります。
令は、政・治のしくみや、官庁とか役人のことなどをきめた法律で、
今日でいえば行政法・民法などにあたります。

律令は、中国で、はやくから行われていたものです。

日本でも、それに習おうとい動きは、
大化の改新のときからありました。

けれども、これを日本に合うようにつくりかえるのに時間がかかり、
律令が完成したのは、七〇一年(大宝元年) で、
大宝律令がそれです。


律令による政治では、
都に神祇官と太政官という役所がおかれました。

太政官の下には、中務省・式部省など、
ハつの役所がおかれ、さらにその下には、
職・寮・司などという小さな役所がありました。

地方は、近江とか出雲のような国にわけられ、
国の中には郡、郡の中には里がおかれました。

国々には、国衙という役所がおかれ、
国衙のあるところを国府とよびました。

国の役人は国司といい、都から遣わされます。

また、郡や里の長は、郡司、里長といい、
その土地の有力者がなりました。

また、そのほか、とくに大切な地方には、
特別に役所なおきました。

都の政治を受け持つ京職、難波(大阪) の摂津職、
北九州の大敏府がそれにあたります。

律令制では、政府が役人を自由に決めたので、
中央の政府が強い力を握れるしくみになっていました。


nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます