So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奈良時代の娯楽 貧窮問答歌とは?

今回は奈良時代の娯楽について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「奈良時代の娯楽とは? 貧窮問答歌とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/705

「万葉集」の歌人として有名な山上憶良は、
こうした貧しい農民に同情した1人です。

山上憶良がつくった貧窮問答歌は、「万葉集」のなかでも、
最も優れた歌の一つとして知られています。

そのあらまし――

「風にまじって雨がふる夜や雪のふる夜は、
やりきれないほど寒いので、塩を舐めながら、
お湯に溶かした酒のかすをすすって寒さをしのぐ。

布団をかぶり、ありったけの着物を重ねてもまだ寒い夜に、
自分より貧しい人たちは、どんなにお腹を空かせて寒がっていることだろう。

その妻や子どもは、食べ物が欲しいと言って泣いているだろう。
家の主人はどんな気持ちで暮らしているだろう。

たまたま人間に生まれ、人並みに田畑を耕しているのに、
わたもない、まるで海の藻のような、ぼろぼろの着物を肩に掛け、
低い歪んだ家の中で、地べたに藁を敷いて横になっていると、
父母は枕の方で、妻・子は足のほうで泣いている。

釜戸には、煙も立たず、飯をふかすこし器には、クモが巣をはっている。
こういう貧乏な家にさえ、鞭をもった役人が、寝ているところにまできて、
「税を出せ」と言って怒鳴るのだ。
こんなにまでやりきれないものか、世の中というものは」


nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます