So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

防人とは? 防人たちが作った歌から知る

今回は奈良時代の防人について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「奈良時代の防人とは? 防人たちが作った歌から知る!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/707

奈良の都は華やかな町でしたが、都から離れた地方は大抵、
住む人も少なく文化の低い、寂しいところでした。


九州の大宰府は、九州全体を治める、
大宰帥という身分の高い役人のいるところで、
天下の一都会と言われたほどです。

しかし、この大宰府も都から見ればひな(田舎)に過ぎませんでした。
大宰府の役人として、朝廷から命じられた人は、
身分を提げられたり、島流しにされたように情なく思いました。

大宰府を始めとして、地方へ下った役人はみんな、都を恋しがりました。
九州の南の端(鹿児島県)にいたハヤトは、
大化の改新までには大体、降伏していました。

しかし、その後もたびたび乱をおこし、
720年(養老4年)には大きな乱をおこしましたが、
平定されています。

ハヤトのいた地方は、730年(天平2年)ごろになっても、
まだ班田収授法がおこなわれていませんでした。

そこまで朝廷の力が及ばなかったことがわかります。
また、アマミ(奄美大皀一)・タネ(種子島)。
ヤク(屋久島)・トカラ(宝島)など、
今の南西諸島方面の島人が、貢物をもってきました。

しかし朝廷は、これらの土地を治めることに、
あまり熱心ではありませんでした。




nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます