So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奈良時代の交通事情はどれくらい厳しいものだったのか?

今回は奈良時代の交通事情について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「奈良時代の交通事情はどれくらい厳しいものだったのか?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/708


奈良時代には、たいへん交通の設備が整いました。
奈良の都を中心に、日本の統一が大体でき、
役人が都と地方との間を行き来したのです。

九州の大宰府や陸奥(青森県・岩手県・宮城県・福島県)の
鎮守府(エゾ征伐のために置かれた役所)などへ
度々役人やその使いがいきました。

全国から庸や調を都へ運んできたり、
地方の人民が都で働くために

また兵士として、大勢旅をするようになりました。
奈良時代の末には、地方の荘園から、
都の貴族や大きな寺に年貢を運ぶ人夫もたくさん行き来したため、
道も整い水上交通も盛んになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます