So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

国分寺と東大寺とは? 聖武天皇、施薬院と悲田院とは?

今回は国分寺と東大寺について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「国分寺と東大寺とは? 聖武天皇、施薬院と悲田院とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/709

七世紀の末頃には、国がつとめて仏教を保護すみようになりました。
天皇が都の大きな寺に土地や収穫物を寄付しました。

また、大官大寺(大安寺)・という朝廷の寺をつくり、
国がよく治まるように、祈るようになりました。

このような傾向は、奈良時代になると、いよいよ盛んとなりました。
そして、聖武天皇のときに、国の寺として、
莫大な富と労力を使って、国分寺や東大寺が建てられました。


聖武天皇は文武天皇の皇子で、7才のとき、父に死に別れました。
母の宮子夫人(藤原不比等の娘)が病気だったので、
皇子は24才で位に就くまで、藤原不比等の妻、橘三千代に養われました。

聖武天皇は、若い頃から、厚く仏教を信仰しました。
天皇は16才のとき、安宿媛と結婚しましたが、
この媛が、光明皇后で、やはり仏教を厚く信じた人でした。

天皇が国分寺や東大寺をつくったのも、
皇后の勧めによったものと言われているほどです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます