So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

遣唐使と奈良の文化 遣唐使 鑑真とは?

遣唐使と奈良の文化 遣唐使 鑑真について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「遣唐使と奈良の文化とは? 遣唐使ってなに? 鑑真ってどんな人?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/712

中国では昔から、何度か大きな統一帝国ができ、高い文化をつくりました。
中でも、もっとも栄えたのが漢と唐です。

618年隋に代わって、李淵(高祖)が唐の国を建てました。
その後目覚しい発展を遂げ、八世紀までに東は朝鮮、
北はシベリアのバイカル湖の南方、南は北べトナム、
西は遠く中央アジア、バミール高原まで勢力を伸ばしました。

特に、玄宗皇帝の時代(712年~756年)には、唐の国力は最も盛んになりました。
都の長安の賑わいはすばらしく・当時世界一の華やかな大都会でした。

唐には、インド・アラビア・ぺルシア・チべット・南洋諸島・東口ーマなど
多くの国々の人がやってきて、それぞれの文化をもたらしました。

各国の文化と中国の古くからの文化とが溶け合って、
優れた文化をつくりあげました。
このように唐は日本にとって、憧れの的でした。

623年に唐から帰って来た医師恵日は
「大唐国は法式(法律や政治の仕組み)が備わった素晴らしい国です。

常に交わりを結ばねばなりません」と報告しました。
唐の文化を学び、それを取り入れる目的で630年、
第一回の遣唐使犬上三田耜らの一行が唐へおくられました。

それ以来、894年(寛平6年)遣唐使が廃止されるまで、
15回の遣唐使が任ぜられ、うち12回は、
実際に使いが唐の国へ渡っています。

遣唐船は、初めのうち朝鮮の西海岸に沿って北上し、
遼東半島から西へ山東半島に渡る航路(北路)をとっていました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます