So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古事記、日本書紀、風土記、万葉集、懐風藻 書物が作られた奈良時代

今回は書物が作られた奈良時代の頃について、日本の歴史を紹介します。
この時代の大きな出来事の一つは、
「古事記」「日本書紀」「万葉集」「懐風藻」などの書物がつくられたことです。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「古事記・日本書紀・風土記・万葉集・懐風藻!書物が作られた奈良時代!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/714

壬申の乱に勝って天武天皇は位につくと、
天皇の権威を歴史の上からも強く裏付けようと考えて、
日本の歴史をつくろうと思いたちました。

この仕事が受け継がれ、奈良時代になって
「古事記」「日本書紀」というニつの書物として実を結んだのです。

奈良時代の初め元明天皇のときに、
太安万侶が稗田阿礼の助けを借りて、
712年(和銅五年)に、三巻の書物を作り上げました。

これが「古事記」で今、日本に残されている書物の中で、
一番古い歴史の書物です。

「日本書紀」は、元正天皇の720年(養老四年)に、
舎人親王を中心とした大勢の学者が集まってつくったもので、
30巻と系図一巻からなっています。

「古事記」も「日本書紀」も、日本の国がどのようにして出来たのか、
皇室は先祖からどんなに立派なものであったかということを、
人々にわからせようしたのです。

しかし、皇室のことばかりでなく、古くから民衆の間に伝わってきた、
さまざまのおもしろい物語も書かれています。


nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます