So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平安時代 貴族の政治 薬子の乱とは?

今回は平安時代における貴族の政治について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「平安時代の貴族の政治とは? 薬子の乱とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/721

律令による政治の仕組みでは、
貴族にも一般の人々にも、公平に口分田をわけ、
同じように租税を取立てる、才能があれば、
誰でも役人になることができるという建前でした。

ところが、実際には、それほど公平ではありませんでした。
一般の人々は重い租税で苦しんでいるのに、
貴族たちは、調や庸・雑傭などの苦しい義務を、免除されました。

その上、官位に応じて、それぞれ土地や布、
その他いろいろなものが、国から与えられました。

また、そればかりではなく、役人の子や孫は
父や祖父の位によってある年令になると、
特別に手柄を立てなくても、位を貰うことができました。

この頃役人になるためには、大学に入学していくつかの試験に
合格しなければならないという決まりになっていました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます