So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

摂関政治とは? 藤原道長とは?

今回は平摂関政治とは? 藤原道長とは?、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「摂関政治とは? 藤原道長ってどんな人?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/723

摂政と関白


摂政というのは、天皇に代わって政治をする役目です。
また、関白というのは、全ての役人の上に経って、
一切の政治に目を通すという役ですが、実際には、
摂政と同じように天皇に代わって政治をしました。

摂政は古くからありましたが、これになったのは、みんな皇族でした。
ところが藤原良房が皇族以外の人として、
初めて摂政になってからは、天皇の母かたの祖父であれば、
この役につくことが出来るようになりました。

関白は、この時代より以前には無く、藤原基経が最初でした。
これも誰でもというのではなく皇族以外の人で、
天皇と一番近い関係の人がなりました。

そのため、摂政や関白になるには、自分の娘を天皇の妃にし、
生まれた皇子が天皇になることが必要でした。

ですから、藤原氏は、政治の上で勢いを得てくると、
その地位をますます固めるために、自分の娘の生んだ皇子を、
皇太子にしようと、いろいろ手を尽くしました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます