So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平仮名が出来たのは、発明されたのはいつ頃? 日本風の文化の誕生 

今回は平仮名が出来た頃について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「平仮名が出来たのは、発明されたのはいつ頃? 日本風の文化の誕生!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/725

九世紀の末頃、唐(中国)では、しきりに内乱がおこり、
国の力が弱まっていました。

遣唐使を送っても、使いの役が果たせなくなっていました。

そのうち、唐への行き来の途中で、難破する船が多く、
貴族たちの中には、遣唐使になることを嫌がる者もでてきました。

そこで、菅原道真は、これらの理由をあげて、
遣唐使を取り止めたほうがよいという意見を出しました。

こうして、630年に始まり、日本の政治や文化の上に
大きな役割を果たした遣唐使も、894年(寛平六年)から、
ついに取り止めになりました。

遣唐使の取り止めによって、日本の文化は
これまでと大きく変わってきました。

日本人の気持ちにあった文化が、
非常に盛んになってきたのです。

そして、日本風の優れた文学や絵画が、
この時代にたくさん生まれました。


漢字は、国から伝わった文字ですから、
日本の言葉を表すには、非常に不便でした。

ところが、平安時代の初め頃になって、ひらがな、カタカナなど、
仮名文字が作り上げられました。

誰が作ったのかわかりませんが、恐らく大勢の人々が
長い年月の間に、作り上げていったものと思われます。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます