So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平安時代の宗教と建築・彫刻とは?

今回は平安時代の宗教と建築・彫刻について、
日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「平安時代の宗教と建築・彫刻とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/726

藤原氏が高い官位をほとんど
独り占めするようになったのは、十世紀の末頃でした。
丁度この頃、天台宗の僧の中に浄土の教えを説く人があらわれました。

天台宗や真言宗の教えが、あまり難しいので、
もっと優しく人々にわかるようにというのが、
この教えを説く人々の目的でした。

この僧たちは、
「この世は汚れた世である。ほんとうに美しい世は、
阿弥陀様のおられる極楽浄土である。
この極楽浄土では、いつも蓮の花が咲き乱れ、
天人が舞をし、美しい音楽が聞こえてくる。
私たちは、ただ阿弥陀様にすがり、
南無阿弥陀仏と念仏を一心に唱えて死んでから、
極楽浄土に生まれかわるよう、努めねばならない」
と人々に教えました。

藤原氏の一部の人々に、高い官位を独り占めにされて、
出世の望みを失った貴族たちは、
この教えに強く引き付けられました。

そればかりではありません。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます