So-net無料ブログ作成

前九年の役、後三年の役とは?

都では、毎日のように、強盗や殺人がおこっていました。
このように、世の中が乱れても、貴族には、
これを抑える勇気も力もありません。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「前九年の役とは? 後三年の役とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/733

貴族たちは、地方の武士をよび、自分たちの生命や財産を守らせようとしました。

武士もまた、貴族たちに仕えることを、名誉と考えました。
武士のことを「侍」とも言うのは、武士が貴族に、
さむらう(傍について奉仕するという意味)ことからでた言葉です。

平将門や平忠常のように、朝廷に手向かいするものが出てきても、
これを鎮めるためには、武士の力に頼らなければなりませんでした。


1051年(永承六年) 東北地方の豪族である安倍氏が、反乱をおこしました。
安倍氏はエゾ(蝦夷)の州長でしたが、十世紀頃には、
今の岩手県のほとんど全部を支配するようになりました。

そして、国司の命令に従わず、租税も納めないようになりました。
そこで、陸奥国(青人森県・岩手県・宮城県・福島県)の国司が、
数千の兵を率いて、攻めましたが、かえって負けてしまいました。

朝廷では、源頼信の子の頼義を将軍にして、安倍氏を討たせることになりました。
頼義の強いことを知っていた安倍氏は、たちまち、降参しました。
ところが、頼義が京都へ帰ろうとしたとき、ちょっとしたことから、
頼義と安倍氏が、再び戦いを始めました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます