So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平清盛とは? 鹿が谷の変とは? 宋との貿易が行われた

今回は平安時代に栄えた平氏について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「平清盛ってどんな人? 鹿が谷の変とは? 宋との貿易が行われたのはいつ?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/737

保元の乱と平治の乱の後にも、皇室の内輪もめは続きました。
このころ後白河上皇と二条天皇との仲が悪く、
どちらも平氏に頼ろうとしました。

清盛は、これを上手く利用して、
ますます自分の勢いを強くしていきました。
1167年(仁安二年)に清盛は、とうとう太政大臣になりました。
政治の上での最高の位です。

そればかりでなく平氏の一族は、ほとんどが高い位につきました。
清盛の妻の妹は、後白河法皇の妃になりました。
その間に生まれたのが、高倉天皇です。
また清盛の娘は高倉天皇の妃となり、安徳天皇を生みました。
このようにして、清盛は皇室の親戚となり、自由に朝廷を動かすようになりました。


平氏の荘園は、全国に500あまりの多くに昇り、
藤原氏が栄えていたことろにも、負けないほどになりました。

一族の公卿は16人、昇殿を許された人は30人あまりもいて、
平氏の中には「平氏でなければ人間ではない」というものさえあるほどでした。
平氏は、こうして国の政治を独り占めにしました。

平氏は、もともと武士ですが、保元の乱以後、京都に住み、
それまでの貴族の真似をしてきました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます