So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

封建制度とは? 主従の繋がりと固い団結 鉢の木物語

今回は封建制度について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「封建制度とは? 主従の繋がりと固い団結が結ばれる? 鉢の木物語とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/748

鎌倉に住み、武士たちに号令する主君頼朝は、鎌倉殿と呼ばれ
頼朝に仕える武士は関東の御家人、あるいは鎌倉殿の御家人と呼ばれました。

この呼び名は北条氏にまで受け継がれました。
鎌倉幕府の中で、源氏が滅び、北条氏がその実権を握るようになりました。

それまで、鎌倉幕府は源氏の将軍の幕府でしたが、北条氏が執権となって
その勢いを強めるにつれ、幕府も北条氏の幕府に代わっていきました。

そして、北条氏も中頃から鎌倉殿と呼ばれるようになりました。
つまり、鎌倉殿と言えば、もともと源氏の将軍を指していたのですが
北条氏が民執権の地位を固めてくるに従って、
鎌倉殿とは執権北条氏を指すようになったのです。

御家人というのも、初めは源氏の将軍の家来でしたが、後には幕府の家来を
一般に鎌倉殿の御家人というようになりました。

鎌倉殿が源氏の将軍から執権北条氏に代わっても、御家人たちは北条氏を中心に
固く団結して、鎌倉幕府を守り抜きました。

御家人は土地を鎌倉殿から貰って、その領地を鎌倉殿に認めてもらい
そのかわりに武力をもって鎌倉殿に尽くしたのです。

領地を認めてもらうことを御恩と呼び、この御恩に対して御家人たちは
鎌倉殿に奉公するという関係が、鎌倉殿と御家人の繋がりでした。



nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます