So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鎌倉幕府の仕組み 守護・地頭・侍所・公文所・問注所とは?

今回は鎌倉幕府の仕組み、守護・地頭・侍所・公文所・問注所について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉幕府の仕組みとは? 守護・地頭・侍所・公文所・問注所とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/743

頼朝は関東に兵を挙げてから有力な関東武士のすすめによって
鎌倉を根拠地として、ここに幕府を開きましたた。

頼朝は、1180年(治承四年)、安房国(千葉県の一部)から鎌倉庁に入り
以後1199年(正治元年)に死ぬまで、鎌倉を根拠地として全国に命令を出しました。

頼朝は鎌倉殿と呼ばれ、頼朝に直に仕える武士は御家人と呼ばれました。
鎌倉殿と御家人の結びつきは、上からの御恩と下からの奉公という関係で
非常に強いものでした。

1192年(建久三年)、頼朝は征夷大将軍に任ぜられました。
征夷大将軍は、始めエゾ(蝦夷)征伐の将軍を指していました。

1184年(元暦元年)に、源義仲が、なってからは、
武士で天下の権を握るものを指すようになりました。

つまり全国の武士の総大将の位です。
頼朝は、征夷大将軍以外の位は全部断りました。
こうして鎌倉幕府は形の上からも、実カの点からも、すっかり完成しました。


頼朝は部下を取り締まるために、1180年(治承四年)侍所という役所をおき
和田義盛をその別当(長官)にしました。
1184年(元暦元年)、頼朝は公文所と問注所の二つの役所をおました。
公文所は財政のほか、一般の政務を扱い、問注所は裁判についての事務を扱うところです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます