So-net無料ブログ作成

源頼朝の死んだのはいつ頃? 北条時政と政子とは?

今回は源氏が滅びたころの日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「源頼朝が死んだのはいつ頃? 北条時政と政子とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/744

1198年(建久九年)の暮れ、御家人のひとり、
稲毛重成が相模川(神奈川県)に橋をかけ
その落成式が行われました。

その式に出席した頼朝は、帰り道で馬から落ち、
それがもとで、あくる年の1199年(正治元年)、53才で亡くなりました。

頼朝に続いて長男の頼家が将軍になりました。
しかし、そのとき、頼家は18才の若者でしたので
たくさんの御家人たちを率いる、充分な力がありません。

北条時政と政子のカ強くなったのは、このときからでした。
政子は頼家の母で、時政の娘です。

頼朝が死んだ後、政子は政治の上に大きな力を持つようになりました。

頼家が将軍となって3日も経たない内に、政子は頼家の手から裁判権を奪い
北条時政たち12名の重臣が集まって相談する仕組みに移してしまいました。

これに対し頼家は、黙って引っこんではいませんでした。
自分の気に入った者を身近において、思う通りに政治を執ろうしました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます