So-net無料ブログ作成

承久の乱とは? 六波羅探題とは?

今回は承久の乱と六波羅探題について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「承久の乱とは? 六波羅探題とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/745

そのころ京都で院政をしていた後鳥羽上皇は、源氏の血筋が絶えたのを聞いて喜びました。
政治の権力がまた朝廷に戻ると考えたからです。

ところが、政子と義時は三寅を将軍に迎えて、そのまま政治を続けました。
これを見た上皇は、幕府を討つ計画を立て、しきりに武将を集めました。

1221年(承久三年)5月、上皇は鳥羽離宮の中の城南寺に、多くの兵を集めました。
その数は1700人あまりもありました。
上皇は京都守護伊賀光季を攻めるとともに、ただちちに、北条義時を討てという
命令を全国に出しました。

こうして承久の乱が始まったのです。

政子はただちに御家人を集め、頼朝以来の幕府の恩をといて、
団結して戦うよう誓わせました。

そして、義時の子泰時が大将となり、20万の大軍を率いて京都へ向かって出発しました。
幕府の大軍を木曽川に迎えた上皇方の軍は、たちまち破れてしまい
先を争って逃げる有様でした。

ついで京倒都の宇治川、近江(滋賀県)の瀬田川で京都を守り抜こうとしましたが
幕府の軍には適わず、総崩れとなりました。

これが承久の乱です。

承久の乱の後、幕府はこの乱を企てた者に、厳しい罰を与えました。
後鳥羽上皇は出家させられ、隠岐(島根県の一部)へ流され、ここで19年の長い月日を送り、
60オで亡くなりました。
nice!(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 2

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます