So-net無料ブログ作成

持明院統と大覚寺統とは?

今回は持明院統と大覚寺統について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「持明院統と大覚寺統とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/747

京都の皇室では後嵯峨天皇の後に、後深草天皇と亀山天皇のニつの血筋が
天皇の位について争い、互いに幕府をたよるようになりました。

後嵯峨天皇の後に、まず長子の後深草天皇が位につき
その次に弟の亀山天皇が位につきましたが、後嵯峨上皇が亡くなると
亀山天皇は自分の子、後宇多天皇を位につけました。

そこで後深草天皇は不平を抱き、鎌倉幕府に訴えました。
幕府は、最もなことだと思い、後宇多天皇の次には後深草天皇の子の伏見天皇を
位につけましたが、これに対して後宇多天皇方が、また不平を抱きました。

幕府は、後深草天皇方と亀山天皇方の皇族が
代わる代わる天皇の位につくよう取り決めました。

後深草天皇の子孫を持明院統といい、亀山天皇の子孫を大覚寺統といいます。
両統は幕府の取り決めに、従うことになりました。

持明院統には、長講堂領という広い荘園が代々伝わっていきましたが
大覚寺統には、それほどの荘園はありませんでした。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます