So-net無料ブログ作成

鎌倉時代の農民の生活と農業技術は?

今回は鎌倉時代の農民の暮らしと
当時の農業技術について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉時代の農民の生活と農業技術は?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/750

鎌倉時代の民衆といえば、ほとんどが荘園の中に住む農民でした。
荘園の中で、地頭やその他の武士は、多くの農民を支配し
年貢を取立てたり、いろいろな雑用をやらせたりしました。

荘園の農民の内、自分の土地を持つ地主を名主と呼びました。
彼らは農民ではありますが、戦のときは武器をとってこれらの武士に従いました。

名主たちは、自分で持っている田の一部は、自分で耕しましたが
残りは小作地として他の農民たちに耕させ、
それから地代(土地を借りたために地主に払う代金)を取立てました。

農民たちは、採れた米の三割から四割を年貢として
荘園の支配者である武士に差し出しました。

多いときには五割または、それ以上の年貢を出しました。
年貢の他に武士の屋敷な作ったり、橋をかけたり、荷物を運んだり
ただ働きの仕事も、しなければなりませんでした。

税として、米の他にも、畑からは麦・粟・大豆などを
産物として、漆・カキ・炭・薪・織物などを納めました。

重い年貢や、数々の労働は、みな小作人たちにかかってきました。

このような農民の暮らしは、たいへん苦しく
その住まいは、多くが一間きりの土間であったようで
そこに、むしろでも敷いて暮らしていたものと思われます。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます