So-net無料ブログ作成

鎌倉時代の市と行商人

今回は鎌倉時代に盛んになった市と行商人について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉時代に盛んになった市や行商人とは? 商店が立ち並ぶ!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/751

鎌倉の町は頼朝が住むようになってから、段々賑わってきました。
町の中心は鶴岡八幡宮に通ずる若宮大路で、幕府の建物はその近くにありました。

幕府の屋敷の周りには、畠山氏・和田氏・三浦氏・北条氏など
幕府の主だった家来の館が、立ち並んでいました。

武士の家は、たいてい東御門・西御門・雪の下・小町・大町・二階堂・浄明寺などの
山の手にありました。

これに対して材木座・由比ガ浜・坂ノ下などが下町でした。
当時の鎌倉の様子は、京都から鎌倉へ来た人が書いた「海道記」に詳しく載っています。

商業が盛んになり、ほうぼうに商店が立ち並んでいました。

幕府は1251年(建長三年)に、
大町・小町・米町・和加江・大倉辻・気和飛坂・亀が谷辻の七か所のほかでは、
店を開かせないことに決めました。

由比が浜には、数百そうの船が、いつも入っていて、たいへん賑わいました。

武士の館や商人の家など、多くの家が軒を並べていたので
鎌倉には火事が多かったようです。

鎌倉には鶴岡八幡宮のほか、多くの神社や寺が建てられました。
幕府は鎌倉の町を治めてくために、
「保」(町な四つ垂あわせた区わけ) の奉行人をおきました。

奉行人は泥棒を捉えたり、相手から無理に安く値切って買いとる押買いを取り締まったり、
酒の売買を禁じたり、博打や人身売買を取り締まったりしました。

その他、保の人々には橋や・道路を直し、掃除する義務がありました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます