So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鎌倉時代の文学の特色とは?

今回は鎌倉時代の文学の特色について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉時代の文学の特色とは? 金沢文庫ってなに?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/752

鎌倉幕府ができてから、政治は武士が動かすようになりました。
そのため、文化の上でも、武士の世らしい力強さがあらわれました。

もちろん、平安時代の貴族の文化が無くなってしまったりではなく
まだかなり強く残っていました。

武士は、貴族の文化を取り入れながら、武士独特の文化を作り出していったのです。
また、鎌倉文化の特色の一つとして、建築や仏教の上に
元や宋(中国)の文化の影響が見られます。

鎌倉時代になると、武士や戦争のことを書いた軍記物語があらわれました。
その代表的な作品には「保元物語」「平治物語」「平家物語」「波平盛衰記」などがあります。

「平家物語」は軍記物語の中で、もっとも優れたもので
源氏と平氏の戦いの様子や、平氏が滅んでいく姿が美しい文章で描かれています。
その作者は、はっきりわかっていません。

軍記物語は、びわ法師という坊さんが語って歩いたもので
何度も語られていくうちに、段々整っていき、立派な文学となりました。

軍記物語には、儒教や仏教の思想が流れています。
人間の生きる世の中は、常に変わっていくもので
儚いものだという考えを元にして、武士の勇ましい行いや
死を恐れない姿とか、主人と家来の深い繋がりなどが、活き活きと書かれています。

また武士の勢いに押されて、衰えていく貴族の哀れな姿も描かれています。
「平家物語」に内容がよく似ている「源平盛衰記」は、四八巻もありますが
文学としてはあまり秀れた作品とは言えません。
nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます