So-net無料ブログ作成

鎌倉時代の建築と彫刻、肖像画と絵巻物とは?

今回は鎌倉時代の建築様式と肖像画や
絵巻物といった美術品について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉時代の建築と彫刻、肖像画と絵巻物とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/753

鎌倉時代の建築には、天竺様と唐様の二つの建て方がありました。
奈良時代に建てられた東大寺は1180年(治承四年)
平清盛の子の重衡のために焼かれてしまいました。

しかし、翌年には東大寺の再建が朝廷を中心として始められました。
そして、寺を造るお金を広く一般の信者から集める勧進職がおかれました。

この役には、浄土宗を開いた源空の弟子、重源が就きました。
重源は東大寺の再建にあたり、宋(中国) から持ち帰った
天竺様という立て方を用いました。

天竺様は力強く、自由な変化にとんでいて
大きな建物を少ない材木でつくるには最もよい方法です。

しかし、この建て方は、後の人々の好みに合わなかったのか
同じ頃でた唐様ほど発展しませんでした。

天竺株の代表的な建物には、東大寺の南大門、兵庫県の浄土寺阿弥陀堂があります。
唐様は、禅宗にともなって、宋から入ってきた建築の方法です。

鎌倉の円覚寺舎利殿は、唐様の代表的な建物です。
唐様は天竺様の男性的な力強さと違い、手のこんだ美しさを備えています。

鎌倉時代には、肖像画が盛んになりました。
藤原隆信の描いた神護寺にある源頼朝の像や平重盛の像は名作として知られています。

平安時代に引き続いて、この時代も絵巻物が喜ばれました。
題材を神社や寺に伝わる伝説や物語などのほかに
平治の乱や、元(蒙古)の来襲などからもとりました。

「平治物語絵巻」や「蒙古襲来絵詞」がそれです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます