So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鎌倉幕府が衰えてきたのはいつ頃か?

今回は鎌倉幕府が衰えてきたころの日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鎌倉幕府が衰えてきたのはいつ頃か? 縁切り寺・駆け込み寺とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/757

二度にわたる元の来襲と、海岸の守りのために
幕府の財政はだんだん苦しくなっていきました。

同時に御家人の生活も苦しいものになりました。
商業が発達し、いろいろな物が出回ってくると
御家人たちの生活は、自然と贅沢になり生活費がかさみました。

御家人の中には、農産物を安く売ってお金を手にいれたり
高利貸しから借りる者もありました。(借上)

その上、元との戦いがおこり物入りが多くて
生活はますます苦しくなりました。

御家人の中には、自分の領地を売り払うものも少なくありませんでした。
そこで、御家人はそれまでのように、幕府の言いつけ通りに
尽くすことな疎かにするようになりました。

御家人は、幕府を支えている力です。
その御家人が暮らしに困って、土地を売るような状態では
幕府のカも弱くなるわけです。

1297年(永仁五年)幕府は困っている御家人を救うために徳政令をだしました。
徳政令は、御家人が土地を売ったり、質に入れたりすることを禁止し
すでに売り払ったり、借金のかたに取られたりした土地は
ただで御家人に返させるという命令です。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます