So-net無料ブログ作成

室町時代のあらまし

今回は室町時代のあらましについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代のあらまし! 室町時代ってざっくり言うとどんな時代?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/758

14世紀の初めに位についた後醍醐天皇は、
公家や地方の武士の助けを借りて1333年(元弘三年)
カの衰えた鎌倉幕府を滅ぼすことに成功しました。

幕府を倒した後醍醐天皇は、再び天皇中心の政治を行おうとしました。
これを建武の新政とまいいます。

けれども建武の新政は二年あまりで失敗し
足利尊氏を中心にした新しい幕府が出来ました。

このため、この後60年ちかくの間、朝廷は南朝時と北朝とにわかれ
武士たちは、それぞれの朝廷を旗印として、土地争いを続けました。

南北朝の争いは三代将軍義満のときに、やっと治まりました。
そして、この頃が室町幕府の勢いの最も強いときでした。

京都の北山に金閣と呼ばれる見事な建物が出来たのも
勘合貿易が始まって、幕府が莫大な利益をあげたのもこの頃のことです。

ところが、その一方では、広い土地を持ち、たくさんの家来を従えた
守護大名の力が将軍の力では抑えきれないほど
たくましく伸びてきていたのです。

そのため、義満のころにも将軍と守護大名との争いが度々おこりました。
やがて1467年(応仁元年)、京都を中心にして応仁の乱がおこり
将軍の無力が、はっきり示されることになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます