So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

南北朝時代とは? 足利尊氏と天龍寺

今回は南北朝時代について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「南北朝時代とは? 足利尊氏と天龍寺との関係とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/761

尊氏に押し込められた後醍醐天皇は、隙を見て京都を抜け出し
吉野(奈良県)に移って、ここに皇居を定めました。

この結果、吉野の朝廷(南朝)と、尊氏の建てた京都の朝廷(北朝)と
ニつの朝廷が出来てしまいました。

そして、これからおよそ60年間、ニつの朝廷は争い続けるのです。
そのため、この時代を南北朝時代ともいいます。

しかし、これは実際には、南朝と北朝というニつの朝廷の間の戦いではないのです。
つまり、天皇中心の公家政治に戻そうという古い力と
武家治を推し進めようという新しい力の戦いだったのです。

1336年(建武三年)足利尊氏は建武式目を定め
二年後には、征夷大将軍になって幕府を開きました。

そして、足利氏の幕府は勢いを強めていったのです。
それに反して、南朝の方では、新田義貞・北畠顕家らが次々と戦死し
後醍醐天皇も吉野でなくなり、その勢いが振るわなくなりました。

しかし、そののち南朝側も、かなり勢いを取り戻しました。
というのも、吉野では北畠親房や楠木正成の子の正行が、南朝のために力を尽くし
また、九州では懐良親王が活躍したからです。

しかも、丁度そのころ、尊氏と直義との仲が悪くなり
足利氏に内輪もめがおこりました。

このような乱れに漬け込んで南朝の軍が京都の近くにまで
勢いを盛り返したこともありました。

nice!(4)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 4

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます