So-net無料ブログ作成

倭寇と勘合貿易の関係とは? 明・朝鮮との国交

今回は室町時代に起こった、倭寇と勘合貿易について日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「倭寇と勘合貿易の関係とは? 明・朝鮮との国交はあったの?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/764

明・朝鮮との国交


我が国と、中国や朝鮮半島との間には商船の行き来こそありましたが
正式の国交は平安時代の中頃から途絶えたままでした。

ところが、この頃中国では元にかわって明がおこり
朝鮮半島では、高麗のあとに朝鮮という国がおこりました。

義満はこれらの国々と国交を開きました。
というのも、一つには、室町幕府が貿易をしたいと望んだこともあります。

しかし、もう一つには、明や朝鮮のほうでも日本と国交を開いて
その頃、激しかった倭寇の乱暴を、
日本に取り締まってもらいたいと考えたからでもあります。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます