So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代に盛んになった墨絵と茶の湯とは?

今回は室町時代に盛んになった墨絵と茶の湯について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代に盛んになった墨絵と茶の湯とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/774

墨絵と雪舟


平安時代の末頃から、美しい色どりをした
日本風の大和絵がおこってきましたが
室町時代になると、それが衰え、代わって
中国風の墨絵が盛んになってきました。

墨絵というのは、墨以外の色は使わず
墨の線と、濃い薄いの調子だけで
深い味わいを出す絵です。

これは、中国の宋の時代(960年~1279年)におこったものです。
その後、禅宗と一緒に、我が国に伝わり
南北朝時代から、墨絵を描く禅僧が、現れてきました。

墨絵の名人として、まず有名になったのは
周文で、やがて雪舟があらわれました。

雪舟は子どものときから絵が得意で
1467年(応仁元年)、明に渡り、絵の勉強をしました。

そして、日本へ帰ってからは
大内氏などの助けを受けて、たくさんの優れた絵を描きました。

また、雪舟より少し遅れて、狩野元信があらわれ
中国風の墨絵に、大和絵の描き方を取り入れて
日本風の墨絵をおこしました。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます