So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

守護大名とは? 守護大名の勢いとは?

今回は室町時代の守護大名の勢いについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「守護大名とは? 将軍との関係とは? 明徳の乱・応永の乱・氷享の乱が起こるきっかけに?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/766

守護大名の勢い


足利尊氏は、豪族たちが南朝につくのを防ぐため
彼らの機嫌を取ろうとして
どしどし土地を与えたり
褒美に守護や地頭の役を与えたりしました。

また、守護が貴族や神社や寺の荘園を奪ったり
年貢を横取りしたりするのを
黙って見ないふりをしていました。

そのため、守護は広い土地を自分のものにしていきました。
ことに守護たちは、幕府が戦争で
手が回らないのをよいことに
自分の収めている国の武士たちを家来にし
その国を自分の領地のようにしてしまいました。

鎌倉時代の守護は、主にその国の警察の仕事や
御家人の取り締まりをするだけでした。

ところが、この時代の守護は
国内の地頭を家来にし
警察の仕事ばかりでなく
それまで国司のしていた仕事までやるようになったのです。

つまり、名前は守護ですが
実際には、その国の領主のようになってしまったのです。

こういう守護を守護大名といいます。
これらの守護大名のうちには
山名氏のように、11カ国の守護をかね
大内氏のように六か国をがねるほど強大なものもありました。

細川氏なども、多くの国々の守護をかねていました。
それに、これらの守護大名は、細川氏が管領になり
山名氏が侍所の長官になるというように
代々幕府の大切な役につきました。

そのため守護大名の勢いは
ますます強くなり、ついには将軍の手に負えなくなってきました。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます