So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代の学問と教育とは?

今回は室町時代の学問と教育について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代の学問と教育とは? 江戸城を築いた太田道灌とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/770

学問と教育


この時代は、戦争で騒がしい時代でしたから、
学問も教育もあまり盛んではありませんでした。

しかし、貴族たちの間には、
「源氏物語」や「古今和歌集」などを調べる学問がおこりました。
また、禅僧の間では、中国の学問、
ことに儒学の一派である朱子学の勉強が盛んになりました。

武士の中にも、学問や教育に力を入れるものが出てきました。
山口の大内氏、鹿児島の島津氏などが、そのよい例です。
ことに、関東管領の上杉憲実は、
下野国(栃木県)の足利学校を盛んにしました。

足利学校で学んだのは、僧だけですが
彼らは、やがて地方に帰って、学問や教育を広めました。

戦国時代になると、大名や武士の子どもは
寺に行き、僧から読み書きなどを習いました。

これが、江戸時代に入って盛んになる、寺子屋のはじめです。
また、京都・奈良・堺などの豊かな商人も学問をし
その子どもを、寺で勉強させるようになりました。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます