So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代に流行った連歌・太平記・おとぎ草子とは?

今回は室町時代に流行った連歌・太平記・おとぎ草子について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代に流行った連歌・太平記・おとぎ草子とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/771

連歌とは


この時代になって、貴族のカが衰えてくると
それにつれて和歌も衰えてきました。

和歌を作る人の数は増えたのですが、
ただつまらない歌が、多くなったのです。

もちろん、中には今川貞世のように、
和歌の上手な武士もいました。

和歌が衰えたのと逆に、
この時代から、たいへん盛んになったのが連歌です。

連歌は、鎌倉時代に和歌の会の遊びとしておこったものです。
普通、和歌は、五・七・五・七・七の三一宇で作られます。

これが連歌だと、ひとりが、五・七・五と詠えば、
もうひとりが、その後をついで、七・七と詠うのです。

すると、また継ぎの人が、その後をついで
五・七・五とうたいます。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます