So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代に流行った能と狂言とは?

今回は室町時代に流行った能と狂言について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代に流行った能と狂言とは? 室町時代の文化の大きな特色とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/772

能と狂言


能と狂言は、我が国の、最も古い劇と言えます。
この能と狂言も、室町時代におこったものです。

能と狂言のもとになったのは
平安時代の末頃に盛んになった、猿楽の能です。

猿楽というのは、もとは、手品や曲芸を主としたものでした。
平安時代の末頃になると、それと一緒に
簡単で、滑稽な劇をやるようになりました。
これを猿楽の能といったのです。

鎌倉時代ごろになると、猿楽といえば、
猿楽の能を指すようになりました。

しかし、この猿楽の能は、面白おかしく
見物に人を笑わせることを主としていたので
芸術としては、まだ低いものでした。

それをやる人々も、卑しい身分のものと考えられていましたし
貴族などの見るものではないと考えられていました。

そして鎌倉時代の末から南北朝時代の頃には
農村からおこった田楽という踊りのほうが、盛んでした。

ところが、南北朝時代の末頃、
大和(奈良県)に観阿弥と世阿弥という
猿楽の能の名人があらわれました。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます