So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

足利義満の金閣、足利義政の銀閣とは?

今回は足利義満の金閣、足利義政の銀閣について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「足利義満の金閣、足利義政の銀閣とは? 書院づくりとは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/773

足利義満と金閣


足利義満は、室町幕府が、最も安定したときの将軍でした。
彼は、京都の北山に大層豪華な別荘を建てました。

この一部が、北山文化を代表する建物である
金閣(今は鹿苑寺の中の1つの建物)です。

金閣は、三層からなる建物で
その内外に金箔が張ってあったため、金閣と呼ばれました。

しかし、おしくも1950年に放火されて焼けてしまいました。
現在のものは1955年に再建されたものです。

足利義政と銀閣


将軍足利義政は、政治を人任せにし
応仁の乱で人々が困っているのも知らぬ顔でした。

そして、応仁の乱が終わるとすぐ
京都の東山に、立派な別荘を建てました。

今も、慈照寺の観音殿として残っている有名な銀閣は
その別荘の一部だったのです。

銀閣は、潮音閣と呼ばれる書院づくりの一階と
心空殿と呼ばれる仏殿風の二階の、二層からなる建物で
表面に銀箔を貼る計画であったため
実際には貼られませんでしたが、銀閣と呼ばれました。
nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます