So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鉄砲が伝来したのはいつ頃から?

今回はヨーロッパの鉄砲が伝来した頃について、日本の歴史を紹介します。
「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鉄砲が伝来したのはいつ頃から? 初ヨーロッパ式の鉄砲「種子島」とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/789

鉄砲の伝来
遥々喜望峰をまわってインドに着いたポルトガル人は
年ごとに東へ進みました。

そしてついに、1542、3年(天文11、12年)ごろ
日本へたどり着きました。

やってきたのは、メンデス=ピントー
他ふたりのポルトガル人でした。

彼らは、日本へ来るつもりなどなかったですが
海賊や嵐に合い、波間を漂っているうちに
大隅国(鹿児島県の一部)の種子島に流れついたのです。

この島のことを、ピントーが
「東洋巡回記」という本に書いています。

この船には、ピントーの他にゼイモトという
鉄砲の名人が乗っていて、百発百中どんな
小さな的でもそらしませんでした。

これを見た領主の種子島時尭は
その鉄砲が欲しくなり、大金を出して
譲りうけました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます