So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代の農業の進歩 技術の進歩とは?

今回は室町時代の農業の進歩 技術の進歩について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代に農業技術の進歩があった? 増えた作物の種類とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/778

農業の進歩


鎌倉時代から室町時代にかけて
農民たちは、荘園の領主から、重い年貢や
きつい仕事を請け負わされたので
生活もかなり苦しかったようです。

しかし、それにも関わらず農民たちは
限られた土地から、多くの収穫をあげようとして
技術を高める努力をしました。

その結果、農業はたいへん進歩し
生産高が増えてきました。

これとともに、地方の国々でも
様々な産業が発達してきました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます