So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代の商業と手工業とは?

今回は室町時代の商業と手工業について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代の商業と手工業とは? 市・問屋・座とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/779

商業と手工業


農業が進歩するにつれて
林業・漁業・鉱業・手工業も発達してきました。

そしてこれらの生産物を集めたり
運んだり、売りさばいたたりするために
商業が非常に進歩しました。

また、室町時代には、商業と並んで
手工業も目覚しく発展しました。

手工業を営んだものとしては
農民があげられます。

農民たちは必要なものは、
自分たちで作るために
それぞれの家で、手工業を営みました。

それに、京都の貴族や神社・寺院を
領主とする荘園には、たくさんの職人がおり
手工業によって、暮らしをたてていました。

彼らは、やはり荘園内の商人と同じように
それぞれ座とよぶ同業組合をつくっていました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます