So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

室町時代の交通と都市のつくりとは?

今回は室町時代の交通と都市のつくりについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「室町時代の交通と都市のつくりとは? 城下町や宿場町、港の発達があった?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/780

室町時代の交通と都市


商工業が発達し、商人の活動が盛んになるに連れて
町から町への行き来も多くなってきます。

その結果、交通の設備も自然と発達し
生産が高まったりで、増えてきました。

そして、あちらこちらの交通の中心地に、
新しい都市ができ日本全体が
たいそう、賑やかになってきました。

これまで、都市というと、古くからの政治の中心地であり
荘園の領主も多く住んでいた京都とか奈良、
または、幕府のあった鎌倉に限られていました。

しかし、室町時代になると
新しい都市として、港商業都市がおこってきたのです。

これらの都市は、その名前が示すように
それぞれ、違った生まれ方をしています。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます