So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

織田信長とは? 長篠の戦と本能寺の変とは?

今回は織田信長とは? 長篠の戦と本能寺の変について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「織田信長とは? 長篠の戦いと本能寺の変とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/794

長篠の戦い


信長は新しい兵器として、鉄砲を早くから
利用していましたが、この鉄砲の威力が
最もよく示されたのが長篠の戦いです。

1575年(天正3年)に、信長と徳川家康の同盟軍が
武田勝頼(信玄の子)の軍と
三河(愛知県の一部)の長篠で戦いました。

このとき武田軍は、天下無敵と言われた
騎馬隊で突撃してきましたが
信長軍が3000丁もの鉄砲で
狙い撃ちしましたので散々に敗れました。

では信長は、なぜこんなに多くの
鉄砲を持っていたのでしようか。

それは、このころの主な鉄砲の産地は
堺の町と近江国(滋賀県の一部)でしたが
信長は近畿地方を平定して
この産地を自分の領地にしていたからです。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます