So-net無料ブログ作成

刀狩りとは? 武士と農民の区別、栄えた城下町

今回は刀狩りと城下町について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「刀狩りとは? 武士と農民の区別や栄えた城下町とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/798

刀狩りとは?


秀吉は1588年(天正16年)に
諸国に命令を出して、寺や農民が持っている
刀や、槍・鉄砲などを取り上げました。

この命令には、「百姓は、真面目に田畑を耕して
年貢さえ、きちんと納めていれば
子孫の代まで栄える。

そのためには、農具さえあればよい。
いらない武器を差し出せば
それで京都に建てる方広寺の大仏の
釘やかすがいを作るから
死んだ後まで、救われる」と諭しています。

しかし、本当は、一向一揆や土一揆のように
寺や農民が武力で反抗する心配があるので
それを無くすために取り上げてしまったのです。

これを刀狩りといいます。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます